2010年12月07日

原因が多い 悪い姿勢と筋肉疲労

寝転がって本を読むことなど リラックスした体制で何かをする時は大抵悪い姿勢となります。背筋がまっすぐになることが望ましいのですが、片手で頭を支える。両肘で体を支える。足を組むこともよくありません。一部の筋肉を楽にしようとして反対側の筋肉に負担を掛けてしまいます。

また、パソコンを長時間使用する際にも、手首をわずかに上げた状態や、マウスを数ミリ動かす動作など上腕から肩まで微妙な筋力の調整が必要となり筋肉を緊張させていまいます。
posted by 西東 at 12:51| Comment(0) | 肩こりの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目の使いすぎに注意

目を酷使することは肩こりの悪化に繋がります。仕事やプライベート問わずパソコンを触るなど細かな作業を続けることにより首筋から肩にかけて血行が悪くなり筋肉がかたくなってきます。

目が疲れると自然と目もとや鼻、こめかみを押したりしますが、目の周りは、眼精疲労に効くツボが多数ありますので、よく刺激するのがよいでしょう。また、蒸しタオルなどで暖めることも効果があります。
posted by 西東 at 12:51| Comment(0) | 肩こりを知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肩こりの原因は?

人間は立って歩くために重い頭と両腕を肩で支えなくてはいけません。人は起きている状態では肩の筋肉は常に緊張した状態となり、疲労物質が溜まってしまいます。血液がその疲労物質を流す役目なのですが、血行が悪いとそのまま留まってしまい肩コリとなります。

自分の肩こりは、何が原因であるかをよく知ることが大事です。
posted by 西東 at 12:51| Comment(0) | 肩こりの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。