2010年12月28日

肩こりになりやすい体型

肩こりになりやすい体型があります。太りすぎでも痩せすぎでも肩こりになりやすく、猫背・なで肩はそうでない人よりも肩の筋肉に負担がかかっています。体型そのものでなくとも、前屈みの姿勢が多い場合も、重い頭を支えるために首・肩の筋肉により負担をかけていることになります。

○太りすぎ
肥満体ですと、腕の重み自体も増して、その腕を支えようとして必然的に肩の筋肉への負担が増すので肩こりになりやすい体型といえます。また、肥満体の場合はお腹を突き出すような姿勢になり体のバランスをとるために頭を前方に出す格好になりますから、首・肩への負担が大きくなり肩こりになりやすいです。
○痩せすぎ
極端に痩せている人の肩の筋肉は貧弱なため、肩の筋肉が頭・腕を支えきれれず肩こりになりやすくなります。
○なで肩
なで肩の人の首や肩の筋肉は貧弱なことが多いといわれています。筋肉が貧弱であれば肩こりになりやすくなります。
○猫背
猫背でなくとも背中が丸まった姿勢は、首が下がり下を向く姿勢になりますから、肩の筋肉への負担は大きくなり肩こりになりやすくなります。また、猫背の状態で前を向こうとすると、首が前に傾いているので首を後ろへそらした姿勢を取ることになり、首に大きな負担がかかってしまいます。

posted by 西東 at 11:00| Comment(0) | 肩こりの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

肩こりの原因は様々

肩こりの原因は様々で、幾つかの原因が重なって肩こりになっている場合も少なくなく、一般的にいわれる肩こりは筋肉疲労・血行不良によるものが多く、生活習慣の改善が肩こり解消方法になります。肩こりの根本原因を探り肩こり解消をしてください。病気が原因の肩こりがありますので要注意です。

○日常生活に潜む肩こりの原因
・肩こりになりやすい体型ですか?
・無理な姿勢で肩に負担をかけていませんか?
・目が疲れていませんか?
・冷え性ですか?
・気がつかないうちにストレスを溜め込んでいませんか?
・運動不足ではありませんか?
・若いときよりも肩こりがひどくなっていませんか?
・食べ物を噛む時に片側だけで噛んでいませんか?
○病気が原因でおこる肩こり
・首・肩の骨・関節に異常がありませんか?
・内科・眼科・婦人科などの病気ではありませんか?

posted by 西東 at 12:00| Comment(0) | 肩こりの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

肩こりの悪循環の仕組み

筋肉疲労や血行不良でおきる一般的な肩こりには肩こりが肩こりを生む連鎖ともいえる悪循環があります。
○肩こりの悪循環の例
同じ姿勢を長時間続けたり、姿勢が悪いと、
筋肉が緊張・疲労して筋繊維を通る血管を圧迫し血流が悪くなり、筋肉への酸素や栄養が筋肉に供給不足になります。するとリンパ液で排出されるべき乳酸などの老廃物(疲労物質)も蓄積されます⇒乳酸などの老廃物が末梢神経を刺激します⇒この刺激情報が脳に伝わり、脳は痛みとして認識します⇒刺激された神経は反射的に筋繊維と血管を収縮させて肩こりの原因をつくります。
更に、同じ姿勢を長時間続けたり、姿勢が悪い状態が続くと、老廃物が蓄積され続けて筋肉が硬くなって「コリ」という状態になります。これが肩に起きれば肩こりです。軽い肩こりがガチガチ状態の肩こりを生む悪循環が生まれます。

posted by 西東 at 18:00| Comment(0) | 肩こりの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。