2011年01月01日

疲れ目で肩こり

目の疲れが肩こりの原因になっていることがあります。目の疲れは交感神経を過剰に反応させて、首や肩の血管を収縮させて血行不良を引き起こして肩こりの原因になります。また、度の合わない眼鏡やコンタクトは目を疲れさせるだけでなく、物をしっかり見ようとして無理な姿勢をとることが肩こりにつながることがあります。疲れ目(眼疲労)は寝ればおおむね回復しますが、重症化すると眼精疲労になって視力低下などの目の症状に加えて、頭痛・肩こりなど身体的な症状が現われます。
テクノストレス眼症とも呼ばれるVDT症候群は、パソコンの使用と大きく関係する新しい現代病ともいえる病気で、ディスプレイなどのコンピュータの表示機器を使った長時間作業による眼精疲労やドライアイから始まります。

目が疲れる仕事や生活をしていませんか?
○度の合わない眼鏡やコンタクトをしている。
○パソコンなど長時間目を酷使する仕事をしている。
目の疲れは目だけでなく、肩こりの原因になるなど体にも影響しますから、目のケアは大切です。

posted by 西東 at 07:00| Comment(0) | 肩こりの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。